健康な肌を目指して|美白を目指すならビタミンcが大事|化粧品で肌に取り入れよう
レディー

美白を目指すならビタミンcが大事|化粧品で肌に取り入れよう

健康な肌を目指して

女の人

乾燥肌は、皮脂分泌量の低下や角質細胞脂質の低下などによって肌の水分量が足りていない状態にあることです。肌の水分は発汗や皮膚呼吸かで減少して、供給は体内部の水分や皮脂などで行われます。このバランスが均等にいかないことで乾燥を引き起こしてしまうのです。そして、これによって様々な肌トラブルに発展してしまうことが多いです。この原因としては、年齢、体質、気候、環境、ライフスタイルなどの要因が関係しています。乾燥肌が気になったら、この要因を改善していくことや、外部からの保湿ケアをしっかりすることで改善していきます。肌に悪い原因を理解し、それを取り除く、補佐することで潤いのある肌へ生まれ変わることができます。肌には適した水分量が必要なのです。

乾燥肌は外部からの刺激を受けやすい状況になります。肌は適度な水分によって肌表面をガードしています。水分量が足りないことで、紫外線やほこり、普段のお化粧などの刺激によって、角質層が厚くなり、防御反応からメラニン色素を大量に分泌する原因となります。改善するためには、内部、外部からのケアが必要です。まずは生活の中で、肌を潤わせることを心がけます。栄養バランスの良い食生活や水分補給、体内循環を良くするための適度な運動、良質な睡眠です。更に肌ケアとして保湿力の高い基礎化粧品を使用し、しっかりと肌内部まで美容成分を浸透させることや、肌をガードさせることが必要です。部屋の湿度を整えることや乾燥の季節などはマスクなどをすることも有効です。こうした心がけをしていくことで乾燥肌は改善されていきます。